歯の消しゴムって何?【日頃のメンテナンスに最適】

歯の消しゴムとは

歯の消しゴムとはホワイトニンググッズの1つで、未過酸化成分配合のホワイトニンググッズになります。ホームホワイトニングで、市販で商品を購入する場合

・過酸化成分配合

・未過酸化成分配合

の2種類の商品に分類することができます。一般的に、過酸化成分配合の市販のホワイトニンググッズは副作用のリスクがあるので、自己判断で購入するのはオススメできません。

そもそもホワイトニングはどういう仕組みなのか

ホワイトニングは

・ホームホワイトニング

・オフィスホワイトニング

・デュアルホワイトニング

の3種類に分けることができます。オフィスホワイトニングはクリニックで施術されるホワイトニング、ホームホワイトニングは家で施術されるホワイトニング、デュアルホワイトニングはその双方を利用して行われる施術です。ホームホワイトニングは

・市販のグッズを自分で購入して施術する

・医師の判断のもと施術される

の2パターンになります。前者の場合料金も低く、気軽に始められる点、後者の場合は確実に歯を白くすることができるのが特徴です。

市販のホワイトニンググッズはダメなのか?

ここまでの解説ですと、市販のホームホワイトニンググッズは過酸化成分未配合なので、効果が薄いように思われますが、そんなことはありません。市販のグッズでも十分に効果がでる事例も多くあります。ただ、市販のグッズを購入して自分で施術する場合、過酸化成分未配合の製品を選びましょう

過酸化成分配合の通販サイトで購入した場合、歯がしみる知覚過敏などの副作用の恐れがあります。また、虫歯やその他の歯のコンディションによっても副作用の恐れがあります。これに関しては自己判断で利用の継続・停止をするしかなく、もし副作用での利用停止をしてしまった場合、時間もお金も無駄になってしまう上、歯に思わぬダメージを与えてしまいます。もし通販サイトで購入される場合は過酸化成分未配合の商品を購入してください。もし過酸化成分配合のものでホワイトニングを行いたい場合には、やはり医師・クリニックを通じて買うしかありません。

引用: 【2017年】ホワイトニングのおすすめ人気ランキング!オフィス+ホームホワイトニング徹底比較!

歯の消しゴムの場合、相場も他のホワイトニンググッズよりも低く(1000円〜)気軽に始められますね

まとめ

いかがでしたでしょうか?歯の消しゴムの購入を検討している方は是非参考にして見てくださいね

なぜインプラント施術はこんなにも高額なのか、にお答えします

インプラントの料金相場

インプラントの料金相場は300,000円〜500,000円です。かなり高いですね。

インプラントの治療費については、相場があります。1本30万円から50万円くらいです。医院の環境や、歯科医師の技術、使っているインプラントシステムなどで料金が変わります。 自由診療ですので、料金をいくらに設定しても良いため、医院によって価格は異なってきます。

35万円という金額は、高い料金ではないと思います。
インターネットで検索すれば、もっと安い料金のところもあります。
けれども、相場に比べ料金が非常に安いところは、技術が低かったり、インプラントシステムが3流メーカーのものであったり、 保証がなかったりするので、注意が必要と言えます。

そういうところは、薄利多売で低価格と宣伝しています。 しかし、1年間は365日ですので、一人の歯科医師が埋め込み可能なインプラントの本数は200本程度です。インプラントは、一人ひとりの患者さまに、手作業で埋め込んで行きます。

ですから、モノを販売するのとは違って、インプラントで薄利多売は難しいといえます。歯科医師は自分の技術がいちばん解っているので、それ相当の価格を付けているのです。

引用: http://www.implant.ac/implant_html/care/kiso/cost.htm

なぜ高いのか、というと、前の記事でも解説しましたが、美容目的の治療にインプラントはカテゴライズされるので、自由診察に区分されます。なので、保険が適用されずに全て個人負担になり、その分料金がかかります。

安く済ませたいからといって格安のインプラントは危険

高すぎて施術できないな…なるべく料金の低いクリニックで施術を受けよう。そんな方もいるかと思いますが、それは危険です。格安インプラントは相応にデメリットも大きい可能性が高いです。インプラントは高度な機材を使用して施術を行われるため、治療費が安い分、機材も低レベルのものを使用している可能性があります。ただ、安かろう悪かろうというわけではありません。あまりにも相場料金と乖離している場合だけ注意していれば問題ないでしょう

まとめ

いかがでしたでしょうか?インプラントを検討している方は是非参考にしてみてくださいね

意外と知らない、奥歯のインプラントと前歯のインプラントの微妙な違い

奥歯と前歯では少しだけインプラントの考え方が違う

インプラントそのものの概念で考えるとそれほど両者に違いはないのですが、前歯は奥歯に比べて薄いので、高い技術が要求されます。施術される患者さんはさほど神経質に考える必要はないのですが、知っておいて損はありません。

奥歯と前歯のインプラントの治療例

診断したところ、前歯の根の治療が必要であり、インプラント埋入部の歯茎も移植手術が必要となり、下記の治療をすることに致しました。
・前歯の根管治療
・前歯のセラミック治療
・歯茎の再生治療
・上下奥歯のインプラント治療

引用: https://www.kawanosika.net/seimitsushika/estheticdentistry/ceramic-case01.html

詳しい画像は引用元URLに載っているのでぜひ参考にして見てください。

インプラントの相場

インプラントの相場は300,000円〜500,000円とかなり高額です。基本的に美容目的の施術は保険適用外です

インプラントの相場は300,000円〜500,000円なのに対して、ブリッジの場合には10,000〜30,000円程度の料金で施術できます。ただ、美容目的ではないので、何かしらの事故や不可抗力で歯を失ってしまった場合に適用される施術なので、美容目的で保険を効かせて施術、というのは難しいです。諦めましょう。

引用: http://kawashima-dc.jp/12

何かしらの事故などの場合、インプラントではなく歯のブリッジで治療が行われ、保険が適用されます。自分がなぜ今の歯の状態になったのか、正確に把握しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?前歯、奥歯のインプラントを検討している方は是非参考にして見てくださいね

 

歯のブリッジとは?【インプラントとの違い】

歯のブリッジとは

歯のブリッジとは、歯が何かしらの原因で失われた場合に適用される施術です。基本的に歯がなくなってしまった場合(かけた場合も含む)

・インプラント

・入れ歯

・ブリッジ

のどれかの施術が適用されます。入れ歯はなんとなく想像がつく方も多いかと思いますが、インプラント・ブリッジは聞きなれない方も多いかと思います。

ブリッジとインプラントの違い

インプラントは美容目的の施術なので、基本的には保険の適用外です。対してブリッジは医療目的の施術なので保険が適用されます。

ブリッジとは歯を失ってしまった場合に、両隣の歯を削り土台にして、そこに橋をかけるように人工の歯をかぶせる治療法です。失ってしまった歯の本数が1本や2本など、比較的少ない場合の治療に向いています。
失ってしまった歯が生えていた場所や土台となる歯の健康度、噛む力など総合的に診断して作られます。

ブリッジは健康保険が適用できるので費用を抑えることができ、見た目や機能の回復が期待できますが、症状によりブリッジが選択できない場合もあります。
また、失ってしまった歯のための治療法としてはブリッジの他にインプラントがあります。

引用: http://www.shinbi-shika.net/shinbi_html/care/bridge.html

インプラント・ブリッジの相場

インプラントの相場は300,000円〜500,000円なのに対して、ブリッジの場合には10,000〜30,000円程度の料金で施術できます。ただ、美容目的ではないので、何かしらの事故や不可抗力で歯を失ってしまった場合に適用される施術なので、美容目的で保険を効かせて施術、というのは難しいです。諦めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?歯のブリッジとインプラントの違いをしっかりと判断し、クリニックへ行きましょう。

ホワイトニングジェルとは【市販の過酸化成分配合には気をつけて】

ホワイトニングジェルとは

ホワイトニングジェルとは、ホワイトニングする際に使用されるジェルの総称を指します。オフィスホワイトニングの場合、強力な過酸化成分配合の高濃度ジェルを使用して歯を研磨して歯を白くします。また、ホワイトニングライトも兼用してそれらの効果を最大限に発揮できるようにします。

市販のホワイトニングジェルで過酸化成分配合は危険

過酸化成分は効果が高いぶん、副作用もあり、医師の診断の元適切な施術で行われない限り危険です。

市販のホームホワイトニングジェルや歯磨き粉を使った方法がこれに該当します。

ですが、日本では過酸化尿素を配合する歯磨き粉やホワイトニンググッズは販売できない為、ホームホワイトニングジェルをドラッグストアや量販店などで購入する事はできません。

もし、自宅でホームホワイトニングジェルを使うとすると、歯医者さんかネット通販(個人輸入)になります。

ちなみに、歯医者さんでホームホワイトニングジェルを購入した場合、作成代、ジェル代合わせておよそ4-5万円ほど必要になります。

たしかに、amazon等で並行輸入する場合、ホームホワイトニングジェル自体は歯科医院に比べて半額程度になり一見お得にも感じるでしょう。

しかし、濃度の高いホームホワイトニングジェルを専門医からの説明も受けずに自分で使うのは危険です。

引用: http://xn--eckg0a6a4esa3ia8b0hpb1c0g.com/

なので、ホワイトニングジェルを個人で購入する場合には過酸化成分が未配合の商品を選ぶようにしましょう。

オススメのホワイトニングジェル

筆者の個人的なオススメですが

・ははのは

・ナイトホワイトアクセル

・ちゅらトゥース

あたりがオススメです。これらは過酸化成分は配合されていないことと、口コミでも上位にくる商品なので、安心して気軽にトライできるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ホワイトニングジェルを購入する場合は配合成分をしっかり見て判断しましょう